文字サイズ

宝塚星組新公初主演の碧海さりお「急に怖くなったけど拍手に支えらた」

 宝塚歌劇団星組新人公演「眩耀の谷~舞い降りた新星~」が25日、兵庫・宝塚大劇場で行われ、研5の碧海(あおみ)さりおが初主演した。

 舞台に出るまで緊張とは無縁だったが、登場した瞬間「急に怖くなって…お客様の拍手で支えられました」と振り返った。初の主演ということで「0番(センターの番号)は多くの人の思いを背負っている。気持ちいいというより、責任を感じました」と重責を口にした。

 本役の新トップスター礼真琴が三拍子揃った実力派。碧海も本役に食らいつくように、情感ある芝居と声量のある歌を披露した。だが「時々“碧海さりお”に戻った瞬間があって、東京に向けての課題です」と気合いを入れ直していた。

 ヒロインも、今回が初となる桜庭舞(さくらば・まい)で、碧海より1学年上。本役のトップ娘役・舞空瞳の2学年先輩となる。「朝からずっと緊張して、ダンスも体がグラグラで」と頭を振った。それでも「(碧海との)2人のシーンは心が動きました。この役に出会えたことは、舞台人として何よりの幸せです」と涙声になっていた。

 また菅武将軍(本役・愛月ひかる)を演じた極美慎はどこにいても目を引く華やかさ。謎の男(本役・瀬央ゆりあ)役の天飛華音は押し出しのよい芝居を見せていた。

 東京宝塚劇場は4月9日。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス