文字サイズ

「ブラタモリ」林田アナから6代目浅野里香アナに交代「ドッキリかと震えました」

「ブラタモリ」を担当することになった浅野里香アナウンサー=東京・NHK放送センター
抱負を語るNHKの浅野里香アナウンサー=東京・NHK放送センター(撮影・開出牧)
NHK新キャスター取材会でガッツポーズを決めるNHKアナウンサーの(前列右から)浅野里香、阿部渉、有馬嘉男、和久田麻由子、桑子真帆、高瀬耕造、森下絵理香、中山果奈、(後列右から)原大策、林田理沙、高井正智、保里小百合、今井翔馬、報道局の池畑修平記者、田村直之、ラジオセンターの吾妻謙氏=東京・NHK放送センター(撮影・開出牧)
3枚

 NHKが13日、東京・渋谷の同局で定例会見を開き、4月からの新番組を発表した。「ブラタモリ」(土曜、午後7・30)はタモリとコンビを組むアシスタントが、現在の5代目・林田理沙アナウンサーから6代目・浅野里香アナウンサーに交代することが明らかになった。

 浅野アナは2016年入局で現在は札幌局勤務で「北海道クローズアップ」「いくそ~北の出会い旅」を担当。趣味は「ホットヨガ」「スイーツ巡り」。特技はテニスで10歳からプレーしている。

 浅野アナは新キャスター発表会見で「いまは札幌局におり、きょうも雪靴で来ました」と元気にあいさつ。「『ブラタモリ』の担当と聞いた時は、ドッキリかと思い、手足が震えました」と大役を任せられた心境を明かし、「タモリさんとの旅を一緒に楽しみながら、地域に根ざした皆さんとお会いし、視聴者の皆さんと驚きや楽しさを共有したいです」と抱負を語った。

 3代目アシスタントを務めた桑子真帆アナからは「気負わずに」とアドバイスされたそうで、「その言葉を信じて臨みます」と笑顔を見せた。

 「ブラタモリ」のアシスタントは過去に、桑子アナらが務め、若手アナの登竜門としても注目されている。林田アナは近江友里恵アナ(16年4月~)に代わり、18年4月から出演していた。

 「ブラタモリ」は15年4月から3年ぶりに復活し、“新装開店”した。前シリーズでは東京のみをブラブラする企画だったが、桑子アナとコンビを組んだ15年からのシリーズでは、全国を街歩きすることになり、さらに多くの視聴者層をつかんでいる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス