文字サイズ

市川團子“黒歴史”に苦笑い 「失礼な少年だった」

 歌舞伎俳優・市川中車としても活動する俳優・香川照之(53)の長男で、歌舞伎俳優の市川團子(15)が20日、都内でシネマ歌舞伎「スーパー歌舞伎 ヤマトタケル」のトークイベントを行った。

 團子は2012年に新橋演舞場で上演された同作が初舞台。舞台裏で撮影されたトーク映像では、緊張する中車の隣で「幕が開く瞬間まで遊びほうけていて、全然緊張感0%なんです。でも頑張ります!」とあっけらかんと話す姿が映し出され、「こんなに失礼な少年だったんですね…」と苦笑いした。

 当時、祖父の市川猿翁(79)に稽古を付けてもらったといい、「『お父さま!』というセリフがあるんですけど、じいじ(猿翁)に『本当にご先祖様に向けて遠くに向かって言え』と教わった」と振り返っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス