文字サイズ

宝塚花組トップ明日海りお、サヨナラ公演開幕「男役の総まとめ」

 11月24日付で退団する宝塚歌劇花組トップスター明日海(あすみ)りおのサヨナラ公演「A Fairy Tale-青い薔薇の精-/シャルム!」(~9月30日)が23日、本拠地の兵庫・宝塚大劇場で初日の幕を開けた。また今公演が、明日海にとって4人目の相手役となる新トップ娘役・華優希(はな・ゆうき)が大劇場お披露目となった。

 明日海は劇団が100周年を迎えた2014年にトップに就任。以降、タカラヅカの顔として活躍してきた。退団時には在任5年6カ月を超え、平成以降のトップとしては6年2カ月の元宙組・和央ようか、約6年1カ月の元星組・柚希礼音に次ぐ歴代3位の在任となる。

 芝居は、ミステリアスで繊細な薔薇の精役。「人間ではないもののすごみや切なさを出したい」との言葉通り、登場シーンで観客の心をわしづかみ。明日海にしか作り出せない薔薇の精となった。

 またショーは「男役総まとめ。スーツにハット、私たちがやりたいもの、ファンならみたいものがつまっている」と黒燕尾や軍服のシーンが次々に登場。「男役にこだわってきた」という明日海らしいものに仕上がった。

 また「理想は男役さんの隣で咲いている花のような娘役」という華は、可憐に明日海に寄り添った。「私が明日海さんを支えるなんておこがましいのですが、幸せな気持ちでご卒業いただけるような舞台にしたい」と初々しく誓っていた。

 東京宝塚劇場は10月18日~11月24日。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス