文字サイズ

小倉智昭、脅迫まがいコメントは「しょっちゅう届く」

 キャスターの小倉智昭が16日、フジテレビ系「とくダネ!」で、舌がんを公表している堀ちえみのブログに脅迫にあたる書き込みをした50代女性が6月に書類送検されたニュースに「人に対して『死ね』って、簡単に使えるもんじゃない」と厳しい表情を浮かべた。

 番組では独自ネタとして、堀のブログに「死ね」などの書き込みを複数行った北海道に住む50代女性が6月18日に脅迫の疑いで書類送検されたと報じた。番組によると、女性は堀が舌がんを公表する前の2月上旬に「死ね消えろ」などの書き込みを行い、4月の食道がん手術終了の報告ブログにも「死ね」などのコメントを投稿していたと報じた。

 一連のVTRを見た小倉は「人に対して、死ねって、簡単に使えるもんじゃない」と厳しい表情。また、恨みはないのになんとなく書き込んでしまったという主婦のコメントにも「全然悪びれてないよね。そんなの当たり前だっていう思い込みがあるんでしょうが、インターネットの世界だって、相手にこういう言葉を吐いたら傷つく。特に堀さんは(病気など)すべて表に出していた。その中で死ねば良かったのにはない」と、あまりに軽率な言葉に表情を曇らせた。

 また小倉自身にも「死ね、殺すぞは日常茶飯事である」と、脅迫まがいのコメントなどはしょっちゅう届いていることを明かし「それをいちいち相手にも出来ないし、訴えることもそんなに簡単にはできない。でもいい気分ではない」と打ち明けていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス