文字サイズ

布袋タッグ、元BOOWY 昭和の伝説 令和で31年ぶり再会

 アルバム「GUITARHYTHMⅥ」ジャケット写真
 31年ぶりにタッグを組んだ元BOOWYの(左から)布袋寅泰、高橋まこと、松井常松
2枚

 ロック歌手でギタリストの布袋寅泰(57)が、最新アルバム「GUITARHYTHM 6」(29日発売)で、元BOOWYの高橋まこと(65)、松井常松(58)と31年ぶりにタッグを組んでいることが5日、分かった。収録曲「Thanks a Lot」を英ロンドンでレコーディングし、伝説が帰ってくる。

 個別にライブ共演することはあったが、3人がそろうのは1988年4月に東京ドームで開催した解散ライブ「LAST GIGS」以来。布袋はロンドン在住で、2月19日、現地スタジオに、元BOOWYの3人が集結した。

 ロンドンは、1985年3月にマーキー・クラブでギグを行った、ゆかりの街。布袋の呼びかけで集まった高橋と松井だが、顔を合わせた瞬間にブランクは吹き飛んだという。

 ドラムの高橋は「興奮で眠れませんでした。でもスタジオで3人顔を合わせたら、30年ぶりなのに、なんだか昨日からやってます、みたいな感覚でした」と回顧。ベースの松井も「不思議で感慨深い時間を共有させていただきました。過去にタイムスリップしたような感覚にとらわれます」と、しみじみ振り返った。

 令和最初のアルバムで戦友たちと昭和以来のタッグを組んだ布袋は「懐かしい仲間と交わす音のラリーは言葉以上に心に響いた。31年ぶりのセッションで僕のギタースタイルの原点はこのリズム隊にあることを再確認した」と感慨深げだった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス