文字サイズ

渡辺麻友 「笑顔よりも闇深いタイプ」と自己分析…新ドラマでどん底の人生を歩む役

 元AKB48で女優の渡辺麻友(24)が30日、都内で、フジテレビ系主演ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」(8月4日スタート。土曜、後11・40)の制作発表に、堀井新太(26)と登場した。

 15年前に起きた女優殺人事件をめぐるサスペンスで、犯人の妹で、キャバクラでバイトするミュージカル劇団員を演じる。どん底の人生を歩む役どころに、「本来の人間的には私自身、笑顔よりも闇深いタイプなので、そこをうまいこと生かしたい。基本は落ち込んでますが、役の暗さにつながりそう」と“裏の顔”をのぞかせた。

 幼なじみ役の堀井からは、名前やニックネームの「まゆゆ」ではなく、「麻友氏」と呼ばれていたといい、「気に入ってはないです」と苦笑い。昨年12月のAKB卒業後、初の連ドラとなり、「まだまだ女優として修行をしていかなきゃと、日々痛感しています。いろんな感情を出せる役なので、いい経験になると思います」とスキルアップを目指していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス