文字サイズ

小川夏果「うれしい」初の関西凱旋公演 銀行勤務を経て女優転身の変わり種

 地元公演を喜ぶ小川夏果=都内
1枚拡大

 女優の小川夏果(30)が15日、都内で取材に応じ、主演する朗読劇「遠き夏の日」(21日、大阪・富田町パークビル5階イベントホール)への思いを明かした。小川は熊本生まれだが、学生時代は京都に住んでおり、地元凱旋となる。

 「関西での公演は初めてなのでうれしいです」と素直に喜んだ小川は、同志社香里高校、同志社大学から大手都市銀行の法人営業担当を経て女優になった変わり種。今回は大学の先輩や銀行時代の同僚も観劇に訪れる予定だという。

 舞台は特攻隊員たちを見守る女性を描いた物語。小川は「若い人たちに命の大切さを感じてほしい」と言葉に力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス