文字サイズ

伊勢正三、祝福唱に涙 盟友・こうせつ駆けつけ“激励”

 シークレットゲストで登場した南こうせつ(左)とハイタッチを交わす伊勢正三=東京・かつしかシンフォニーヒルズ
1枚拡大

 シンガー・ソングライターの伊勢正三(64)が12日、東京・かつしかシンフォニーヒルズでキャリア45周年&65歳バースデー記念ライブを行った。冒頭で「本当はあしたが誕生日。年金受給者になっちゃうんだけど、きょうだけ若者でいいですか?」と1400人のファンに呼びかけた。

 ライブは9日に発売した伊勢のかぐや姫、風、ソロ時代を網羅したアルバム「ALL TIME BEST~Then&Now~」を軸に構成。代表曲「22才の別れ」、「なごり雪」に加え、1980年にソロ活動のスタートを切った日本武道館ライブで歌唱したソロデビュー曲「想い出がつきない夜」を36年ぶりに披露した。

 アンコールには大分舞鶴高校時代からの音楽の盟友・南こうせつ(67)がシークレットゲストで登場し、2人で「海岸通」、「ペテン師」、「ささやかなこの人生」、「海風」を披露。

 南は「高校時代にフォークを始めて、2人とも高齢者になるとは」と振り返り、最後に南がアカペラで「ハッピー・バースデー・トゥ・ユー」と歌い始めると場内総立ちの大合唱に。伊勢は思わず目頭をぬぐい「本当にうれしいね。これからも高齢者をよろしく」とあいさつした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス