文字サイズ

さかなクン「ニモ」続編で監修&声優

 本編監修と声優出演した、さかなクンのアフレコ
1枚拡大

 東京海洋大学名誉博士のさかなクン(年齢非公表)が、ディズニー/ピクサーの新作映画「ファインディング・ドリー」(7月16日公開)の本編監修を務めることが1日、分かった。マンボウ役で声優出演も果たす。

 ピクサー作品の監修をタレント活動を行う人物が務めるのは、「料理の鉄人」の初代フレンチの鉄人、石鍋裕シェフ(68)が「レミーのおいしいレストラン」(07年)を手がけて以来、2人目の快挙。映画は魚たちが主役となる「ファインディング・ニモ」の続編で、関係者がさかなクンの海洋知識の深さに“ギョギョッ”と驚き、オファーしたという。

 「カジキマグロ」を「マカジキ」にするなど表現を訂正。魚好きにはたまらぬコラボに「ギョ(5)メートル飛んじゃうくらい、ハッピーな気持ち」と喜んでいる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス