文字サイズ

生稲晃子 がん闘病の光になれば

 女優の生稲晃子(48)が17日、都内で、5度の手術を経験した乳がんの闘病記「右胸にありがとう そしてさようなら」(光文社刊)の発売記念イベントを行った。

 2011年に人間ドックで右の乳房にがんが見つかってから乳房を再建するまで5度も手術をした経験をつづったもの。「同じ病の人に読んでいただきたい。色んな状況の中でつらい思いをしている方がこの本を読んで、少しでも楽になってくれたらいいな」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス