文字サイズ

ジャニー社長 SMAP解散を完全否定

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(84)がこのほど、都内で取材に応じ、1月に騒動が起こったSMAPの解散を完全否定した。ジャニー社長がSMAP問題について言及するのは初めて。自身がプロデュースする舞台「ジャニーズ・フューチャー・ワールド from帝劇to博多」の説明会の席で、SMAPの契約更新時期にあたる9月解散について「ありえない」と明言し、未定のデビュー25周年ツアーも「やらなきゃいけない」と後押しした。

 日本中を巻き込んだ国民的グループの解散騒動から約4カ月。沈黙を守っていたジャニー氏が、消えない解散説を否定した。

 舞台の取材で集まった報道陣に自ら切り出し、騒動に初めて触れた。「皆さん、絶対聞きたいと思うから。『SMAPはどうなの?』って。はっきりしときますよ。僕は命をかけても(守る)。SMAPは我が子と同じ。僕に相談なしで(解散)するはず絶対ない。心配は全然ない。解散なんて冗談じゃない」

 5人を思う気持ちを一気にはき出し、存続させることを明言した。騒動渦中に話さなかったことは「1月はずっと病気。入院していた」と説明。高齢による体調不良で手術などはしていないという。

 SMAPは1月13日に解散・分裂危機が報じられた。その後も騒動が拡大する中、同18日にフジテレビ系「SMAP×SMAP」で5人によるファンへの緊急生謝罪が行われた。木村拓哉(43)が中央に立ち、草なぎ剛(41)が「木村君がジャニーさんに謝る機会を作ってくれてここに立てています」と語った。ジャニー社長はメンバーと生謝罪前に会い、「頑張れよ」と声をかけたという。

 同番組は平均視聴率31・2%をマークした。しかし、“けじめ”後もグループの存続を不安視する声は続いた。スマスマの打ち切りや9月上旬の契約更新時期を見据えた解散説が一部で流れた。ジャニー氏は“9月解散”を「ありえない」と完全否定。メンバーとは親と子のような信頼関係があり、ウソをついていれば分かるとし、「僕は全面的に彼たちを信じている」とうわさを一蹴した。

 5人をJr.時代から見守ってきた。「一生懸命、育ててきた子たち」。“勉強”として稲垣吾郎(42)や香取慎吾(39)を故マイケル・ジャクソンさんの公演に連れて行った。ライブで同じコメントをしたメンバーを怒ったこともある。昨年10月、自身の誕生日会では中居正広(43)と掛け合うなどメンバーとは親子のような仲だけに、思いは強い。

 SMAPは今年25周年を迎える。未定となっている記念イベントを「やるべき。周りに遠慮する意味もない」と言い切り、ツアーも「(メンバーは)『オレたち、もういいよ』と言うと思うけど、やらなきゃいけない」と強く後押し。最後は報道陣に「よろしくお願いしますよ。応援していただかないと」と呼びかけるなど、SMAPへの強い愛情を示した。(数字はビデオリサーチ調べ。関東地区)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス