文字サイズ

西村優菜が前半終了で単独首位キープ 渋野日向子は5打差8位 女子ゴルフ

 9番でパーパットを沈め、ギャラリーの拍手に応える西村優菜
 9番でラフから第3打を放つ西村優菜
2枚

 「女子ゴルフ・ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン・第2日」(25日、利府GC=パー72)

 最終組が前半9ホールを終えた。2週連続優勝が懸かる西村優菜が1イーグル、2バーディーの32をマークし、通算10アンダーで単独首位をキープしている。

 前回19年大会覇者の柏原明日架は2バーディー、ノーボギーの34で回り、7アンダーで2位につけている。6アンダーの3位に野沢真央、浅井咲希、古江彩佳、石川明日香、石井理緒が並んでいる。

 2打差6位で出た渋野日向子は1バーディー、ノーボギーの35と一つ伸ばし、首位と5打差の8位で後半インに向かう。1番から7ホール連続パー。8番パー5で第3打を50センチにつけて初バーディーを奪った。9番もパーで前週からの連続ノーボギーを49ホールまで伸ばしている。

関連ニュース

    t>

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス