文字サイズ

渋野まさかの予選落ち…あと1打届かず「ダメダメ」 “スマイルシンデレラ”に初の試練

 「女子ゴルフ・アース・モンダミンカップ・第2日」(26日、カメリアヒルズCC=パー72)

 “スマイルシンデレラ”に初の試練-。59位から出た渋野日向子(21)=サントリー=は3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの2オーバー74をたたき、通算2オーバーで1打届かず予選落ちした。渋野と同じ1998年度生まれの黄金世代、田中瑞希(21)=フリー=が67と伸ばし通算9アンダーで単独首位。3打差2位に鈴木愛、渡辺彩香、李知姫(韓国)が並んだ。プロデビュー戦で2000年度生まれのミレニアム世代、安田祐香(19)=NEC=は通算1オーバー56位でギリギリ予選通過を果たした。

 初めて“カベ”にぶち当たった。渋野が理想と現実のはざまでもがき苦しんだ。カットラインに1打及ばず、まさかの予選落ち。「このオフにやってきたことがすべて意味のないことだったのかなと思うくらいの内容。全体にダメダメでした」。いつものように笑みを浮かべていたが、瞳に輝きはなかった。

 前半インの14番パー5が最初のつまずきだった。第1打を右ラフに打ち込み、第2打はフェアウエーに出すだけだったが、番手を間違えて上方の木に当て、3打目でようやく脱出。結局ダブルボギーをたたいた。「14番からですね。今日はパー5で4つ落としているのがメンタルにきていると思う」と元気のない声で振り返った。

 この後はすべてがチグハグだった。18番パー5は第3打をトップしてグリーン奥の左足下がりのラフへ打ち込み、オフに練習してきたロブショットを試みたが、反対側のエッジまでオーバーしてボギー。後半6、8番はこれもオフに猛練習を積んできた52度のウエッジを使うアプローチが3、4メートルショートしてともにボギーとした。

 青木翔コーチ(37)とともにこのオフは58度のウエッジ以外に52度やPWで球を転がすアプローチ習得に取り組んだ。並行して広いスタンスで体重移動を使うスイングからスタンスを狭くして体の回転で振る形へと変えた。前日、同コーチから「体が浮いてるから、しっかりおなかを使って振り切るように」とのアドバイスを受けたが、この日も目立った変化はなかった。

 「無観客だから練習ラウンドのようにできるかと思ったけど、試合というのが頭に入っているので、緊張したし、思うように体が動かなかった。練習をたくさんしても試合でできないと意味がない。死ぬほど練習しないといけないなと思いました」。試練は越えられる者だけに与えられるという。“スマイルシンデレラ”にも少しくらい立ち止まる時間があっていい。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス