文字サイズ

渋野日向子、1打差2位スタート カラフルウエアでリゾートコース意識?

最終日はカラフルなゴルフウェアで登場した渋野日向子=長野・軽井沢72ゴルフ北コース(撮影・開出牧)
3枚

 「女子ゴルフ・NEC軽井沢72・最終日」(18日、軽井沢72北コース=パー72)

 AIG全英女子オープンで日本人としては42年ぶりのメジャー制覇を果たし、帰国第2戦の今大会も首位と1打差の通算9アンダーで最終日を迎えた渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は、同じ黄金世代でやはり2位につけた原英莉花、初優勝を狙う首位・浜田茉優との最終組で午前8時30分にスタートした。

 コースにはこの日も早朝から多くのギャラリーが詰めかけ、最終組はもちろん、1組前の勝みなみ、比嘉真美子、前年覇者・黄アルムの組を中心に幾重もの人垣ができた。渋野たち最終組が練習グリーンに登場すると、一際大きな拍手と声援が送られた。

 最終日の渋野のファッションは、カラフルな総柄の開襟シャツ。柄をよく見ると、フルーツや野菜など所狭しとならんでいる。下は白系のミニスカートとリゾートコースにピッタリのいでたち。前日のホールアウト後に「(原らとの)バーディー合戦でギャラリーの皆さんを喜ばせたい」と話していたスマイル・シンデレラは、スタート前からビジュアル面でファン・サービスに努めていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス