文字サイズ

マピンピ、南アフリカ史上初の決勝戦トライ!“ポケット・ロケット”コルビがトドメ

 「ラグビーW杯・決勝、南アフリカ32-12イングランド」(2日、日産スタジアム)

 世界ランキング3位の南アフリカが同1位のイングランドを32-12で破り、2007年以来3大会ぶりの優勝で、ニュージーランドに並ぶ最多3度目の頂点に立った。今大会最多の7万103人の大観衆が詰め掛けた中、準々決勝で日本を26-3で退けた南アフリカが優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」を手にし、44日間の祭典は幕が下りた。この結果、世界ランキングで南アフリカが10年ぶりに1位に返り咲き、イングランドは首位から3位に後退。次回W杯は23年にフランスで開催される。

 2枚の翼が縦横無尽に駆け回った。南アのWTBマピンピ、コルビが後半にそろってトライを奪い、イングランドの分厚い壁を打ち抜いた。

 後半25分、左サイドを攻めたマピンピは、自らのキックパスで相手陣深くに切り込むと、再びパスを受けてインゴールを陥れた。キックパスはサインではなく、とっさにチームメートの合図に従った判断だった。

 今大会2位となる自身6トライ目は、決勝戦では南ア史上初となるトライだった。「エキサイトしているとは言えない。(史上初とは)知らなかったから」

 13点リードで迎えた同33分には、足首の負傷から2試合ぶりに復帰した“ポケット・ロケット”コルビが躍動。右サイドを駆け抜け、とどめの一撃を奪った。大一番でのトライ共演。マピンピは「この週末の試合に向けて開幕前からハードワークしてきた。チームメートを誇りに思う」。両翼が役割をまっとうし、勝利の美酒に酔いしれた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ラグビーW杯最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス