文字サイズ

羽生結弦、注目の進退は語らず北京以来の公の場で4回転

 「ファンタジー・オン・アイス」に出演した羽生結弦=幕張メッセ
 「ファンタジー・オン・アイス」に出演した羽生結弦=幕張メッセ
2枚

 フィギュアスケート男子で2014年ソチ、18年平昌両冬季五輪王者の羽生結弦(ANA)が27日、千葉市の幕張メッセで始まったアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」に出演し、2月の北京五輪以来となる公の場で滑った。注目の進退については語らず、取材対応もなかった。

 羽生はオープニングで4回転トーループを鮮やかに成功。大トリも務め、シンガー・ソングライターのスガシカオさんが歌う「Real Face」に乗り、切れのある動きで観客を沸かせた。

 羽生は北京五輪ではフリーで前人未到のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑戦。回転不足で転倒して4位に終わった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス