文字サイズ

紀平梨花がGP初戦スケートカナダを欠場 右足関節骨軟骨損傷 日本女子エースに試練

 日本スケート連盟は19日、フィギュアスケートの日本女子のエース、紀平梨花(19)=トヨタ自動車=が、右足関節骨軟骨損傷でGPシリーズの初戦に予定したスケートカナダ(29日開幕、バンクーバー)を欠場することを発表した。18日に国際スケート連盟(ISU)ホームページのエントリーリストから外れていた。

 紀平は日本連盟を通じて「今年7月より痛めていた右足首の『骨軟骨損傷』が完治に至っておらず、スケートカナダへの出場を断念することに致しました。今後の試合に向けて治療、リハビリに専念致します」とコメントした。

 11月のNHK杯(東京)はエントリーしたままだが、今回の欠場でシリーズ2戦ポイント上位6人が進み、北京五輪代表選考大会の1つとなっているGPファイナル(12月、大阪)進出はなくなった。最終選考会となる12月の全日本選手権(埼玉)が初の五輪切符を懸けた大一番となる。

 紀平は今季からカナダ・トロントを練習拠点としている。今月中旬に行われた北京五輪テスト大会を兼ねたアジアンオープントロフィー(北京)もエントリーしていたが欠場。その際は日本スケート連盟を通じてコメントを発表し「照準をスケートカナダに合わせ集中したいと考え決意しました。スケートカナダでは良い演技が出来るよう頑張りますので、応援よろしくお願い致します」と、スケートカナダへの出場に意欲をみせていた。

 北京五輪の日本女子の出場枠は3。日本スケート連盟の定めた選考基準では、1人目は12月の全日本選手権(埼玉)の優勝者を選出。2人目は全日本の2、3位と、GP)ファイナルに出場した上位2選手、ISU公認のシーズン最高得点の上位3選手を対象に選考。3人目は、2人目の候補に挙がった選手から、全日本終了時点での世界ランク、五輪シーズンの世界ランクなどを考慮し総合的に判断するとしている。

 紀平は18年GPファイナルの覇者。全日本選手権2連覇中で、北京五輪での活躍が期待される日本女子のエースに試練が訪れた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス