文字サイズ

兄妹対決は妹が王手 カーリング松村千秋、谷田康真組が快勝「自分を信じていきたい」

 「カーリング混合ダブルス・北京五輪代表決定戦」(20日、稚内市みどりスポーツパーク)

 20年日本選手権優勝の松村千秋(28)=中部電力、谷田康真(27)=コンサドーレ=組が吉田夕梨花(28)=ロコ・ソラーレ、松村雄太(31)=コンサドーレ=組を7-5で下し、2勝1敗として日本代表権獲得に王手をかけた。午後に行われる第4戦で勝てば代表決定、敗れれば夜の第5戦にもつれ込む。

 序盤は1点を取り合う展開が続いたが、第4エンドで吉田、松村雄組が3点を奪取。第5エンドで松村千、谷田組が4点を奪い返すと、第6エンドで1点をスチール。最後まで流れは渡さなかった。

 競り合う展開を制した。谷田は「かなり厳しい試合になると思っていた。無理したぶん3点取られましたけど、ハーフ(タイム)でコーチとしっかり取り返そうと話して、4点取れた。それが良かった」と振り返った。松村千も「5エンド目がうまくいった」とうなずいた。

 松村雄にとって吉田は義理の妹で、松村千は実の妹。“きょうだい対決”は妹・千秋がリードする形となった。松村千は「仕上がりもいいと思う。自分を信じていきたい」と、代表切符獲得へ意気込んだ。

 今大会の優勝チームは22年北京五輪を目指す日本代表に決定。五輪出場権をかけた12月の世界最終予選(オランダ、レーワルデン)に出場し、残り2枚の五輪切符獲得を目指す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス