文字サイズ

紀平梨花 新フリー「タイタニック」初披露 北京五輪へ「一番大事なシーズン」

ドリーム・オン・アイス 紀平梨花の演技=KOSE新横浜スケートセンター(撮影・堀内翔)
ドリーム・オン・アイス オープニングに登場した紀平梨花(撮影・堀内翔)
ドリーム・オン・アイス 紀平梨花の演技=KOSE新横浜スケートセンター(撮影・堀内翔)
3枚

 「フィギュアスケート『ドリーム・オン・アイス』」(9日、コーセー新横浜スケートセンター)

 女子で全日本選手権2連覇の紀平梨花(18)=トヨタ自動車=はフリー「タイタニック」を初披露した。

 「初めて今季のフリーを披露したので、集中してやってしまって、あまり余裕がない演技だったかもしれない」と振り返ったが、両手を広げた“タイタニックポーズ”でフィニッシュ。「コレオシークエンスとステップが続き、最後にしっかりと盛り上がりがあるので、物語や曲調に合わせて体を大きく使って表現できたらいいなと思う」と語った。

 22年北京五輪シーズンを迎え「今までで一番大事なシーズンになる」と紀平。3月の世界選手権後に悪化した腰痛は完治しておらず、「一度休んでみたり、軽めに練習を続けたり、いろんなことをしてきて、少しずつ良くなったり、練習を始めると痛くなったりが続いている」としたが「待ちに待った楽しみなシーズンと思える状態に持っていきたい」と話した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス