文字サイズ

五輪チケット91万枚削減 せっかく当選したのに…「かなりの枚数、諦めていただく」

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、「収容人員の50%で最大1万人」の観客上限決定に伴う五輪の販売済み一般チケットの再抽選の概要を公表した。対象となるのは開閉会式と陸上、野球、サッカー、ゴルフ、近代五種、ラグビー、ソフトボール、サーフィンの8競技で、合計97セッション。結果は7月6日未明に発表され、約91万枚のチケットが削減される。スポンサーやIOCなどの関係者向けチケット五十数万枚は再抽選の対象外となっている。

 前代未聞となるチケット再抽選の概要が公表された。

 対象となるのは開閉会式と陸上16セッション、野球16セッション、サッカー30セッション、ゴルフ8セッション、近代五種2セッション、ラグビー8セッション、ソフトボール7セッション、サーフィン8セッションの8競技で、合計97セッション。大規模会場が多く、無効になるチケット数が最も多いのは、8月7日に日産スタジアムで実施されるサッカー男子決勝。既に4万枚以上が販売されているため、3万枚以上が払い戻されることになる。鈴木秀紀マーケティング局次長は「陸上や野球もスタジアムが大きい分、(削減数は)多くなる。セッションによってはかなりの枚数、諦めていただくことになる」と説明した。

 陸上は注目の男子100メートル決勝(8月1日)や、日本の金メダルの期待が懸かる男子400メートルリレー決勝(8月6日)を含め、国立競技場で行われる全セッションが対象。野球も福島あづま球場での開幕戦(7月28日)から横浜スタジアムでの決勝(8月7日)まで、松山英樹の出場が見込まれる男子ゴルフ(7月29日~8月1日)や女子ゴルフ(8月4日~7日)も全セッションが対象となった。

 再抽選の対象外となるのは、IOCやスポンサーなど関係者向けの五輪チケット。当初の170万枚から削減されたが、現時点で五十数万枚ある。また児童や生徒に現地観戦の機会を設ける「学校連携観戦プログラム」での観戦も「別枠」だ。

 チケットが不要になった人が定価で転売できる仕組みとして導入する予定だった公式再販売(転売)は行わず、代わりに払い戻しで対応する。再抽選で当選し、有効なチケットも払い戻せる。払い戻しは7月6日未明~15日午前11時59分に申請を受け付け、大会終了後に返金する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス