文字サイズ

橋本聖子会長 東京五輪開催へ「自信持てるエビデンス揃ってきた」ワクチン、医療体制など

 IOC理事会プレゼンテーション終了後に、取材に応じる東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長=(代表撮影)
 IOC理事会プレゼンテーション終了後に、取材に応じる東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(右)と武藤敏郎事務総長(代表撮影)
 IOC理事会プレゼンテーション終了後に、取材に応じる東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(代表撮影)
3枚

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)と武藤敏郎事務総長(77)は9日、オンラインで開催された国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で東京大会の準備状況を報告した。理事会後に会見した橋本会長は「IOCからは大変高い評価をもらった」と、話した。

 IOCからは選手村に入る関係者のワクチン接種が80%以上となる見込みについて「一層の確信を得ている」との報告があったという。また海外メディアのワクチン接種についても「ポジティブな結果が得られそうだ」と見込みが示された。

 橋本会長はIOCからのワクチン接種や医師の派遣、各種目の国際大会の成功、テスト大会の成功などをあげ「難局の中で準備を進めてきたが、自信をもてるだけのエビデンスが揃ってきたと確認できた」と、胸を張った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス