文字サイズ

竜電に3場所出場停止処分、外出禁止期間中に不倫相手と25回逢瀬 幕下降下が確実に

 日本相撲協会は27日、理事会を開き、新型コロナウイルス対策ガイドライン違反で夏場所を全休した幕内竜電(30)=高田川=に関し、夏場所から秋場所まで3場所出場停止処分を決めた。復帰予定の11月場所は幕下下位へ降下が確実となる。

 竜電は「週刊新潮」で原則、外出禁止期間中、不倫相手のもとに通っていたと報じられた。コンプライアンス委員会の調査で2020年3月12日から21年1月20日まで合計25回、女性と逢瀬(おうせ)等のため、不要不急の外出をしたことが明らかになった。逢瀬のほとんどが本場所開催中だった。竜電は19年に結婚し、部屋を出て自宅で生活している。

 20年5月13日、高田川部屋では竜電の付け人だった勝武士さんが新型コロナ感染に感染し死去。悲劇を経験しながらの愚行を「道理を理解できないのでは相撲道に反する」と厳しく断じられた。理事会に呼ばれた竜電は「大変申し訳ございません」と謝罪した。

 師匠の高田川親方(元関脇安芸乃島)は6カ月間、20%の報酬減額の懲戒処分となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス