文字サイズ

“史上最弱力士”勝南桜 ワースト連敗記録「91」に伸びる

 旭丸に押し出しで敗れた勝南桜(撮影・伊藤笙子)
 旭丸(右)に押し出しで敗れた勝南桜(撮影・伊藤笙子)
 初日黒星で91連敗となった勝南桜(右)
3枚

 「大相撲夏場所・初日」(9日、両国国技館)

 “史上最弱力士”東序ノ口9枚目の勝南桜聡太(しょうなんざくら・そうた)=22、式秀=が旭丸(21)=友綱=に押し出され、初日黒星スタートとなった。自身の持つ史上ワースト連敗記録は「91」に伸びた。

 立ち合いから一方的に圧力をかけられて後退し、力なく土俵を割った。

 先場所、勝南桜は7戦全敗で自身の持つ89連敗記録を更新し、90連敗で終えていた。

 初場所、服部桜太志(はっとりざくら・ふとし)から改名。神奈川県茅ケ崎市出身で「地元の名前を入れたかったので『湘南』を入れた」と言う。下の名前は将棋界を席巻するスター、藤井聡太2冠から名付けた。

 改名後、16連敗と白星が遠い。15年九州場所の序ノ口から、通算3勝225敗1休となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス