文字サイズ

力士659人が陰性 場所前全協会員PCR検査「引き続き感染予防対策を」

 「大相撲夏場所」(9日初日、両国国技館)

 日本相撲協会は6日、新型コロナウイルスPCR検査を5日に受けた659人の力士全員が陰性と判定されたことを発表した。3日には親方、行司ら約260人全員が陰性だった。検査を行った全協会員、約900人が感染者ゼロの結果で夏場所に臨む。

 場所前の全協会員検査は3場所連続になるが、初の感染者ゼロ。電話取材に応じた芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「協会員がみんな感染予防対策に対して一生懸命取り組んで協力してくれている一つの証(あかし)。今回はゼロを達成できた。非常に、まずは良かった」と安どした。

 この日、協会から協会員に対しPCR検査の結果とともに、引き続き、感染予防対策を求める通達を行った。

 「引き続き、マスクを外しての会話は気を付けて下さいと。これから初日も迎える。場所に入れば人と人との接触も多くなる。引き続き感染予防対策をして行動して下さい」と同部長は説明した。

 5月11日までだった緊急事態宣言が延長される見通しとなった。初日から3日目までの無観客開催の日程も延びる可能性も出てきた。「明日なり、あさってなり、状況が出ないことにはお話しできない。イベント関係はどうなるか。延長になった場合の協会の対応は、決まり次第、みなさんに差し上げる」と、同部長は話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス