文字サイズ

羽生結弦「誰かの光になれるように」国別対抗戦に向け思い明かす

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(15日開幕・丸善インテックアリーナ大阪)に出場する日本選手が5日、コメントを発表した。五輪2連覇の羽生結弦(ANA)は「誰かの光になれるように」とボードに記載した。

 3月の世界選手権は3位に終わったが「会う人、声をかけてくれる人たちが、もちろん完全に良い演技だったとは言えないんですけど、それでも『勇気をもらえました』とか、『希望の光でした』とか、そういう言葉をいただいた」という。「僕はたとえ結果が良くなかったとしても、良い演技だったと納得できる演技じゃなかったとしても、誰かのためになれているのかな、という感じがして、それを常に心の中に持ちながら演技したい」と思いを明かした。

 同選手権4位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は「世界選手権が終わって、また一歩先に踏み出したい」とし、女子の紀平梨花(トヨタ自動車)は「とにかくその時を全力で頑張りたい」とコメントした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス