文字サイズ

森喜朗会長「有名人は田んぼを走ればいい」五輪聖火リレー“密”対策で持論

 会議に出席した森喜朗会長(左)と橋本聖子大臣(撮影・高石航平)
会議会場に到着した森喜朗会長=東京・自民党本部(撮影・高石航平)
冒頭のあいさつで熱弁する森喜朗会長=東京・自民党本部(撮影・高石航平)
3枚

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が2日、自民党本部で開催された東京大会実施本部合同会議の役員幹部会に出席。冒頭のあいさつで3月25日スタートの聖火リレーに言及し、新型コロナウイルス対策で一般客の観覧が懸念される中、「有名人は田んぼ(の沿道)を走ったらいいんじゃないか」と持論を展開した。

 聖火リレーには知名度の高いタレントやアスリートの参加も見込まれているが、森会長は「一番の課題は、できるだけ国民感情を考えて派手にやらないという点が強い。要は密を避けたい」と、沿道に人が集まることへの懸念に言及した。

 ただ、地方自治体にとっては大会の目玉イベントでもあるだけに「出る方も見る方も楽しみにしていた。それに水を掛けたらダメなんじゃないか」と話し、「人気のあるタレントはあまり人が集まらないところを走ったらいいじゃないか。田んぼ(の沿道)で走ったらいいんじゃないか」と、人の少ない場所であれば“密”を避けられる可能性を挙げた。

 聖火リレーに関しては会議でも報告があったといい、自民党スポーツ立国調査会の馳浩会長は「有名人、タレントをそのまま聖火リレーで走らせたらどう考えてもたくさんの人が集まる。そうならないように、あまり人が集まらない所で走らせたらいいんじゃないかと。コロナ対策を十分に行える状況で行う必要があるという報告があった」と説明した。

 今夏の五輪開催に向けて、大会の中止や延期を求める国民世論が8割に及ぶ中、この日は橋本聖子五輪相、日本オリンピック委員会(JOC)山下泰裕会長らが出席する中、現状報告や今後の課題について話し合った。森会長は冒頭、「一番大きな問題は世論。そしてコロナ収束の2つ」と、今夏の大会開催に懐疑的な国民の声を最大の課題に挙げた上で、関係各所に協力を呼びかけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス