文字サイズ

伊藤美誠 紫の振り袖姿披露 憧れは吉田羊「かっこいい女性目指す」

ラケットを持って振り袖姿を披露する伊藤美誠(スターツ提供)
ラケットを持って振り袖姿を披露する伊藤美誠(スターツ提供)
振り袖姿を披露する伊藤美誠(スターツ提供)
3枚

 卓球女子で東京五輪代表の伊藤美誠(20)=スターツ=が25日、鮮やかな紫色の振り袖姿をオンラインで報道陣に披露した。

 17日まで全日本選手権に出場しており、ようやくのお披露目となった。色はラケットとおそろいの紫色。「ただかわいいだけじゃなくて、大人の成人の雰囲気を醸し出す感じ(笑)ちょっとだけかっこよさも入れてこの色にしました」と笑顔で説明した。さらに「半襟はお母さんが成人式の時に使ったもの」と明かし、「グラデーションがすごく好きで、一つも同じ所がないのが自分らしい」とこだわりを語った。

 全日本選手権では準優勝。決勝で石川佳純に大逆転を許し、試合後にぼう然と立ち尽くす程ショックを受けた。「夢であればなと何回も思いましたけど、終わったことだし、切り替えないといけない。次は色んな方にぎゃふんと言わせる強さを持って頑張りたい」。既に2月末の国際大会に向け、大会の3日後から練習を再開している。

 新成人の伊藤にとって、“大人の女性”と言えば女優の吉田羊だと言う。「こういうかっこいい女性にすごくなりたい」と憧れるだけに、新成人の抱負も「かっこいい女性を目指す」と宣言。「私らしい所はしっかり持って、五輪でしっかり金メダルを取って、楽しんで二十歳を終えたい」と改めて目標を誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス