文字サイズ

貴景勝、婚約一番星!照ノ富士を一気に押し出し 八角理事長「最高じゃないかな」

 「大相撲秋場所・初日」(13日、両国国技館)

 大関貴景勝(24)=千賀ノ浦=が先場所優勝した元大関の照ノ富士(伊勢ケ浜)を立ち合いから一気に押し出し、会心の白星スタートを切った。両横綱不在の中、新旧大関対決で番付差を見せ付け、左膝の不安も一掃。場所前に元大関北天佑(故人)の次女、千葉有希奈さん(28)との婚約を発表し、ラブパワーで復活V2へ突き進む。

 婚約場所で完勝発進だ。元大関の照ノ富士と3年ぶり2度目の対戦となった貴景勝。立ち合いで低く当たって相手の巨体を起こすと突き放し続け、付け入るスキを与えず一気に押し出した。

 万全の相撲にも、取組後、貴景勝はノーコメントだった。八角理事長(元横綱北勝海)は「いい相撲で勝つと乗っていけるのではないか。相手も先場所優勝しているからね。初日としては最高じゃないかな。内容も」と評価し、今後の快進撃を予想した。

 しめこみの色を銀から黒に変えて臨んだ今場所は、18年九州場所以来2度目の優勝を強く意識する。場所前の稽古で貴景勝は「地位が地位なので優勝しないと。前、優勝したのは小結の時だし。勝ちゃ大関の責任を果たせる」と話していた。

 8月には婚約を発表。その際「勝負の世界にいる私にとって常に相撲に集中できるよう、いつも私のことを第一に考えてくれ、どんな時も変わらず明るく接してくれるその存在に何度も救われました」とコメントしていた。婚約者の有希奈さんはすでに仕事を辞め、サポートに専念してくれているという。そんな“内助の功”に応えるためにも、V2で婚約に自ら花を添える。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス