文字サイズ

白鵬が休場 右半月板損傷などで2週間加療 2場所ぶり15度目

白鵬
3枚

 「大相撲7月場所・13日目」(31日、両国国技館)

 横綱白鵬(35)=宮城野=が13日目の31日、日本相撲協会に休場を届け出た。「右膝半月板損傷、膝蓋大腿じん帯損傷、関節内血症で約2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出した。

 12日目、関脇御嶽海(出羽海)に突き落とされ敗れた際、古傷の右膝を痛めた模様。

 白鵬は初日から10連勝と快調だったが、11日に大栄翔(追手風)に初黒星を喫し、連敗した。

 2場所ぶり15度目の休場。13日目に対戦予定だった関脇正代(時津風)は不戦勝。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス