文字サイズ

橋本聖子五輪相 五輪開催可否判断「来春」論に「時期尚早」

 橋本聖子五輪相は9日、閣議後の定例会見を行った。新型コロナウイルスの影響により、来夏に延期された東京五輪・パラリンピックについて、組織委委員会の遠藤利明副会長や、国際オリンピック委員会(IOC)の一部委員から、開催可否の判断について「来春」がメドになるとの見方が相次いでいることについて言及。「(判断時期については)時期尚早。引き続き、IOC、組織委、都と連携をとって、注視していく」と、慎重に話した。

 政府、組織委、都が取り組む、五輪の簡素化についても、無観客開催の可能性について「現段階では組織委から『時期尚早』との話をされており、私もそのように思っている。世界が一致団結し、まずはコロナを終息させていくことが大前提。努力していかないといけない」と、話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス