文字サイズ

クリス・リードさん急死…五輪3大会連続出場 心臓突然死

 フィギュアスケートのアイスダンスで日本代表として冬季五輪3大会に出場した男子のクリス・リードさんが日本時間15日午前0時20分、米デトロイトで心臓突然死のため亡くなった。30歳だった。日本スケート連盟が17日、発表した。

 父が米国人、母が日本人のリードさんは姉のキャシーさんと組み、10年バンクーバー五輪(17位)、14年ソチ五輪(21位)に出場。その後、村元哉中選手とカップルを結成し、18年平昌五輪では日本勢最高順位となる15位だった。昨年12月に引退を表明し、後進の指導に当たる考えを示していた。ともにバンクーバー五輪に出場した織田信成氏はツイッターを更新し「とてもショックで未だに信じられません」と、沈痛な思いをつづった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス