文字サイズ

平野美宇は敗れ涙…石川佳純の3度目五輪代表が確実に 過酷な選考レース決着

女子シングルスの東京五輪代表入りが確実となり、感極まった表情の石川佳純=鄭州(共同)
3枚

 「卓球・ワールドツアー・グランドファイナル」(12日、鄭州)

 女子シングルス1回戦が行われ、平野美宇(19)=日本生命=と王芸迪(中国)と対戦。勝てば東京五輪シングルス代表を決められる試合だったが1-4で敗れた。これにより、世界ランキング上位の石川佳純(26)=全農=が3大会連続の五輪となる、東京五輪でのシングルス代表入りが確実になった。長いシングルスの代表選考レースを終え、敗れた平野は涙をこらえきれなかった。

 平野の試合に先立って、石川が今年の世界選手権・W杯と2大会のシングルスで優勝している劉詩ブン(中国)と対戦し0-4でストレート負けした。この結果により、平野にとっては自力で東京五輪シングルス代表を確実にする状況が復活した。

 重圧のかかる試合で平野は王のプレーに対応しきれず、第1ゲームを6-11で落とし、第2ゲームも序盤でつけたリードを逆転され7-11で奪われた。第3ゲームも6-11で取られ後がなくなった。

 第4ゲームは平野が積極的に試合を展開。11-6でこのゲームを取りきった。しかし、第5ゲームは中盤から王に連続ポイントを許し、反撃も及ばなかった。

 試合後、中継を担当したテレビ東京のインタビュー取材に涙ながらに応じていた。

 東京五輪女子シングルスは来年1月発表の世界ランキングで、日本選手上位2人が選出される。今大会前の時点で、ポイント差から世界ランク4位の伊藤美誠(19)=スターツ=が代表入りを確実にしている。残り1枠をこの大会の成績で世界ランク10位の石川と同11位の平野が競っていた。平野はダブルスメンバーとして代表に選考される可能性がある。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス