文字サイズ

紀平梨花 「ミスは許されない」高い集中で逆転初V 

フリーでは完璧な演技を見せる紀平梨花=米アナハイム(撮影・堀内翔)
3枚

 「フィギュアスケート・四大陸選手権」(8日、アナハイム)

 女子フリーが行われ、SP5位の紀平梨花(16)=関大KFSC=が153・14点、合計221・99点をマークし、逆転で大会初優勝を果たした。シニアでの国際大会は5戦5勝。SPで出遅れたことから「ミスは許されない」と高い集中力を持って臨んだと会見では振り返った。

 紀平は冒頭に単独の3回転アクセルを成功。続く連続ジャンプは3回転アクセルより難易度をおさえた2回転アクセル-3回転トーループを跳んだ。その一方で、7番目の要素に配置していた3回転ルッツ-2回転トーループを3回転ルッツ-3回転トーループにして得点を積み上げた。全体を通して大きなミスなくまとめ、観衆からはスタンディングオベーションで称賛された。

 会見では「SPが、あまりいい演技ではなかったので、ミスは許されないと感じていて、いつもより集中できていた。そこがすごくよかった」と振り返った。3回転アクセルを1本の構成にしたことは「6分間練習が終わるまで決めていなかった。終わった時に、やっぱり思った以上に試合のリンクに慣れ切っていなかったので、トリプル(3回転)アクセル2本は難しいかなと感じた」と説明。「無理することなく、安全にいい成績を残せるように考えて、1本と。6分間が終わった時に考えました」と語った。

 SPでは冒頭の3回転アクセルが抜けて得点が0点の1回転アクセルになったことが響き、5位と出遅れた。また、大会前の練習で左手薬指を亜脱臼したことも心配されていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス