文字サイズ

貴景勝“初Vムード”は封印 大関昇進へ「戦いは始まっている」

 貴源治(左)と並び基礎運動する貴景勝
1枚拡大

 「大相撲・冬巡業」(2日、長崎県立総合体育館)

 大相撲の冬巡業が2日、長崎市で始まり、九州場所で初優勝を果たした小結貴景勝(22)=千賀ノ浦=が初日から申し合いに参加し、精力的に汗を流した。碧山(春日野)ら相手に計3番で1勝2敗。「来場所の戦いは始まっている。体は維持しておかないと。しっかりと基礎運動して」と来場所しか頭にない。

 場所後1週間、テレビ出演、取材攻勢、地元兵庫県に凱旋し母校の仁川学院小学校訪問など休む間もなく過ごした。この日も土俵に上がると大きな拍手と歓声で祝福された。

 「ありがたい忙しさ。言い訳にできないのでね」。疲れた体も何の、“初Vムード”は封印し鍛え上げる。

 「全体のパワーアップ。全部の相撲にもっと馬力がつけばもっと楽に勝てる」と、突き押しにさらなる磨きをかけて臨むつもりだ。

 2場所で22勝としており、初場所(来年1月13日初日、両国国技館)で11勝を挙げれば三役3場所で33勝の大関昇進の目安はクリアする。再び優勝争いするほどの活躍なら昇進を推す声も上がる。「来場所、やらないといけない」。横綱勢ぞろいが見込まれる来場所、22歳の真価が問われる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス