文字サイズ

錦織 ジョコビッチに12連敗  不可解判定に苦笑い「審判やめた方がいい」

 「テニス・イタリア国際」(18日、ローマ)

 男子シングルス準々決勝で世界ランキング24位の錦織圭(28)=日清食品=は元世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に6-2、1-6、3-6で逆転負けして4強入りを逃した。ジョコビッチ戦は12連敗で通算2勝13敗。次戦は同じクレーコートが舞台となる四大大会第2戦の全仏オープン(27日開幕、パリ)に臨む。

 最終セットで不可解な判定が相次ぎ、敗れた錦織は「あの審判、多分やめた方がいいですね」と苦笑い。第1セットは打ち合いで圧倒するなど「確実に勝てた試合だった」だけに悔しさを募らせた。苦手とする強敵に敗れはしたが、右手首故障からの完全復活は目前と言っていい。次は今季自身初の四大大会となる全仏オープン。「気持ちも自然と高まってくる。いい結果を出したい」。前を向いて赤土の大舞台に乗り込む。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス