文字サイズ

悪質タックル問題 日大孤立進む…明大も日大との試合を中止 これで4試合目

 日大の内田正人監督
1枚拡大

 6日に行われたアメリカンフットボールの関学大と日大との定期戦(東京・アミノバイタルフィールド)で、関学大の先発出場したクォーターバック(QB)選手が相手守備選手から悪質なタックルを受け、負傷した問題が波紋を広げる中、関東学生アメリカンフットボール連盟は17日、27日に予定されていた日大-明大(アミノバイタルフィールド)の中止を発表した。関係者によると、明大側から中止の申し入れがあったという。

 すでにこの問題を受けて、今月20日に日大との対戦を予定していた法大、6月9日に日大戦を予定していた東大と、同10日に予定していた立教大の3校が、「安全性が担保されていない」ことを理由に、連名で関東学生連盟に日大との試合中止を求め、中止が決定している。

 問題が表面化してから、日大戦の中止はこれが4試合目。5月の試合予定はなくなり、今後は6月16日の成蹊大、17日の桜美林大が予定されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス