文字サイズ

宇野昌磨が帰国 けが原因の靴交換は「1番嫌い」でも「慣れていかないと…」

世界選手権から帰国した宇野昌磨
1枚拡大

 フィギュアスケートの世界選手権男子で2大会連続で銀メダルを獲得した、平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が27日、ミラノから成田空港に帰国した。しっかり存在感を示したものの、「悔しい気持ちが強い。世界選手権に向けての練習に悔いはないが、自分の調整不足がハッキリした」と苦笑いを浮かべた。

 大会前に新調したスケート靴が合わず右足甲を痛めていたが、自身にできるかぎりの演技を貫徹。「もうみんなが思っているほど痛くない。試合前はかなり痛かったけど、周りのサポートのおかげで試合では痛みがなかった」と振り返った。

 ただ、けがを誘発した靴の交換に関しては反省があるようで、「平昌五輪まではなるべく靴を替えなかった。本来は(もっと前に)替えるべきだったけど、そのツケが回った。靴を替えることはスケートの中で1番嫌い。でもそういうことに慣れていかないといけない」と苦手克服を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス