文字サイズ

藤沢五月・山口剛史ペア2連勝 もぐもぐタイムはイチゴ&りんごのダブルもぐもぐ

第4エンド終了後にイチゴを食べる山口剛史(左)に笑顔の藤沢五月=青森市・みちぎんドリームスタジアム(撮影・棚橋慶太)
第4エンド終了後にお菓子を食べる山口剛史(左)とゼリー飲料を飲む藤沢五月=青森市・みちぎんドリームスタジアム(撮影・棚橋慶太)
2枚2枚

 「カーリング・日本混合ダブルス選手権」(14日、みちぎんドリームスタジアム)

 1次リーグが始まり、平昌五輪で日本カーリング史上初の銅メダルを獲得したLS北見のスキップ藤沢五月(26)と、同五輪男子代表SC軽井沢のセカンド山口剛史(33)のペアは、初戦を8-1、夜の2戦目も14-1で圧勝し、盤石の形で連勝スタートを決めた。

 2戦目は連係面でも初戦より大きく改善。藤沢は「大事なショットの時には、しっかりコミュニケーションの時間を取った。引き続きやっていきたい」と、納得の表情。普段慣れないスイープもこなしたが「ゆっくり温泉でも入って休みます」と、笑った。

 注目のもぐもぐタイムでは、藤沢は初戦は“封印”しゼリー飲料だけだったが、夜の試合では左手に国産のイチゴと、右手に青森産のリンゴを持ち、美味しそうにほおばり、ファンもほっこりとした様子で見守った。「青森のリンゴは甘くて美味しかった。山口さんも丸かじりしてました」と、地元の味に大満足のようだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス