文字サイズ

羽生前向き「悔しさという収穫」 今季初戦から一夜明け

 今季初戦のオータム・クラシックで2位に終わったフィギュアスケート男子の羽生結弦(22)=ANA=は試合から一夜明けた24日、モントリオール空港から練習拠点であるトロントへと帰途についた。

 羽生はショートプログラムで世界歴代最高得点を更新。フリーではジャンプにミスが重なり順位を落とし「悔しさという収穫を得られた」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス