文字サイズ

照ノ富士「左膝半月板損傷」で休場 秋場所はかど番に

 東大関照ノ富士(25)=伊勢ケ浜部屋=が名古屋場所6日目の14日、「左膝半月板損傷で約7週間の休業加療を要する」との診断書を日本相撲協会に提出して休場した。

 夏場所後に左膝の遊離軟骨を除去する手術を受けており、5日目まで1勝4敗と不振だった。再出場しない方針で、秋場所はかど番となる。休場は昨年初場所以来2度目で、6日目に対戦が組まれていた正代は不戦勝。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス