文字サイズ

安藤友香が初マラソン日本最高で2位!瀬古リーダー上機嫌、先週とは一転「大あっぱれ!」

 日本勢トップの2時間21分36秒でゴールし、笑顔の安藤友香=ナゴヤドーム
 2時間21分36秒で日本勢トップの2位でゴールする安藤友香=ナゴヤドーム
2枚2枚

 名古屋ウィメンズマラソン(12日、ナゴヤドーム発着42・195キロ)

 世界陸上選手権(8月・ロンドン)の代表選考会を兼ねて行われた。2位には安藤友香(22)=スズキ浜松AC=が2時間21分36秒で初マラソン日本最高記録を更新した。日本歴代でも4位の好記録で、世界選手権代表に内定した。同僚の清田真央(23)=スズキ浜松AC=も2時間23分47秒で3位に入り、代表入りが確実となった。

 ニューヒロインの誕生に、日本陸連の瀬古利彦長距離・マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(60)は、「みなさんのおかげで今日は大ハッピー!張本さんでいえば、大あっぱれ!よくやってくれた!」と、開口一番から絶賛。先週の男子のびわ湖毎日マラソンでは日本勢が低調な結果に終わり、「大喝ですよ!」と失望していただけに「安藤さんのおかげで、今日は安堵の表情でここにきた。リーダーになってよかった。もう辞めようかと思ってたんだけど。冗談です」と、笑いが止まらなかった。

 リオデジャネイロ五輪銀メダリストのユニスジェプキルイ・キルワ(32)=バーレーン=と19秒差の2位という好内容に「19秒差でしょ?もう背中が見えてる!」と、本番に向けて期待を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス