文字サイズ

名古屋ウィメンズ 安藤友香が2位、歴代4位の記録 リオ五輪のキルワが大会3連覇

 2時間21分36秒で日本勢トップの2位でゴールする安藤友香=ナゴヤドーム
 25キロ付近でトップを争う安藤友香(左)とユニスジェプキルイ・キルワ=名古屋市
2枚2枚

 「名古屋ウィメンズマラソン」(12日、ナゴヤドーム発着42・195キロ)

 世界陸上選手権(8月・ロンドン)の代表選考会を兼ねて行われた。リオデジャネイロ五輪銀メダリストのユニスジェプキルイ・キルワ(32)=バーレーン=が2時間21分17秒で大会3連覇を果たした。スタート直後に転倒するアクシデントがあったが、貫禄の走りを見せた。2位には安藤友香(22)=スズキ浜松AC=が2時間21分36秒で初マラソン日本最高記録を更新し、日本歴代4位の好記録を出した。

 日本勢は、前年4位の清田真央(23)=スズキ浜松AC、初マラソンの安藤、石井寿美(21)=ヤマダ電気=がキルワとともに序盤は先頭集団を形成。20キロまでに石井、清田が遅れ、安藤だけがキルワと並走した。

 27キロ過ぎでペースを上げたキルワだが、安藤は冷静に対応。キルワをマークしたまま、初マラソン日本最高(2時間21分51秒=坂本直子)を狙えるハイペースで30キロを通過した。33キロ付近でキルワがペースを上げたところから、少しずつ引き離されたが、それでもキルワを視界に捉えて、粘りの走りを見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス