文字サイズ

青学大・原監督「こじはるより真矢」の真意を説明 真矢「ありがたい」

青学大・原監督
1枚拡大

 今年の箱根駅伝で3連覇を飾った青学大の原晋監督が6日、TBS系「白熱ライブ ビビット」に生出演。4日のテレビ番組で真矢ミキへラブコールを送った真意を語った。

 原監督は4日の日本テレビ系「PON!」で、小嶋陽菜の感想を求められ「こじはるさんはまだ若い。私は真矢ミキさん!」と生放送で公言していた。

 これを受けて実現したこの日の生出演。スタジオに登場すると、原監督は念願だった真矢から花束を渡され「嬉しいです」と大テレ。そして“こじはるより真矢”と言った真意を説明し始めた。

 「あれはですね、真矢さんなら素敵な寮母さんになってくれるかなと。こじはるさんではまだ若い。学生を暖かく包んでくれるかなと」と、合宿所を取り仕切る寮母になってほしいという夢があったようで、横で聞いていた国分太一は「ぜいたくな話ですよ」と混ぜっ返した。

 すると、原監督は、真矢の横にいた田嶋陽子氏を見て「田嶋さん(が寮母)なら、学生が萎縮しちゃうので」とジョークを飛ばし、田嶋氏も「ひどいなあ」と笑い、スタジオは爆笑。寮母と言われた真矢だが「そういう意味合いで…。ありがたいです」と満面の笑みを浮かべていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス