文字サイズ

吉田沙保里、東京五輪目標に現役続行「次が東京でなければ引退していた」

関西テレビ「イキザマJAPAN リオSP」の収録を行った吉田沙保里(左)と司会の小籔千豊=大阪府内
2枚

 リオデジャネイロ五輪のレスリング女子53キロ級で五輪4連覇を逃した吉田沙保里(33)が1日、大阪府内で関西テレビの特番「イキザマJAPAN リオSP」の収録に参加。終了後に取材に応じ、去就について2020年東京五輪出場を最大目標に現役続行することを表明した。

 吉田は東京五輪について問われると「出られるもんなら出たいですよ。こんな機会はない」と語った。「東京は特別ですから」と思いを語り「次の五輪が東京でなければ、たぶん引退って言ってたと思います」と心境を明かした。リオから帰国した8月24日には「次の道へ向けて」と引退も視野に入れていることを口にしていたが、この日、引退はないかと問われると「ないです」と明言した。

 リオ五輪で銀メダルに終わったことに関して「今は銀で良かったと思う。金だと味わえない負けた選手の気持ちも分かりますし、いろんなことを考えます。金よりも得られるものが大きい。格闘家ですから『もう1回やったら負けないぞ』とか『負けて終わるのは悔しいな』という気持ちはあります」と現在の心境を吐露。

 帰国後は各方面から応援の声が届いており「いっぱい来ますね。『東京で金』『笑顔で終わって欲しい』と。そんな言葉をたくさん聞くと、出たいな、がんばりたいなと思います。皆さんの声が一番力になります」と笑顔で明かした。

 ただし本格的に東京五輪を目指す以上は「あのきつい練習を思い出したら、もうやりたくないとも思いますよ」と覚悟を決める必要があるとし「辛いからこそ、すぐにやりますと言えない。やりながら戻っていければ最高なこと。ゆっくり時間をかけて考えたい。まだ4年あるんで、1、2年出なくても、代表になれればという考え方もあるし、いろいろ考えたいです」と話した。

 栄和人監督からは至学館大のコーチ兼任の打診も受けているといい「いま監督と相談しているところです。コーチと言っても、これまでも後輩を教えたりしてますから」と語った。

 番組の放送は9月10日、午後4・00(関西ローカル)。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス