文字サイズ

鶴竜休場…横綱初日不戦敗は61年ぶり

 横綱・鶴竜の休場で逸ノ城が不戦勝となった
1枚拡大

 「大相撲春場所・初日」(8日、ボディメーカーコロシアム)

 横綱鶴竜(29)=井筒=は左肩の負傷で休場し不戦敗となった。

 まさかのアクシデントだ。横綱鶴竜が左肩の負傷のため初日から休場。対戦相手の逸ノ城は不戦勝となり、好取組が消滅して満員の館内からため息がもれた。鶴竜の休場は平幕だった08年11月場所で右膝のじん帯を痛めて途中休場して以来で2度目。横綱が初日に不戦敗となったのは、54年5月の吉葉山以来61年ぶり。また、2日目は小結妙義龍との対戦が組まれていたが、割り返し(取組が組み直しになる)となった。

 師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)によると、鶴竜は2月頃から左肩を痛めていたという。7日の土俵祭りの後、病院でMRI検査などの診察を受けて医師のストップがかかった。

 同親方は「稽古でも番数は少なかったけど精いっぱいやっていた。本人は出たかったと思うが、とにかく安静にするしかなかった」と同親方は経過を説明。この日午前に審判部に「左肩腱板損傷で1カ月の安静加療を要する」との診断書を提出した。このまま春場所を全休し、29日から始まる春巡業への参加も未定となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス