文字サイズ

白鵬 取り直しに審判部を痛烈批判

 全勝優勝から一夜明け、カメラのフラッシュをまぶしそうに浴び色紙を手にする白鵬(撮影・村中拓久)
1枚拡大

 横綱が審判部批判を繰り広げた。大相撲初場所で大鵬を抜く史上最多となる33回目の優勝を成し遂げた横綱白鵬(29)=宮城野=が全勝Vから一夜明けた26日、東京都墨田区の宮城野部屋で記者会見した。優勝を決めた13日目の稀勢の里戦で取り直しとなったことに「子どもが見ても分かる相撲」と勝負審判の判断を痛烈に批判。この発言を受けて、北の湖理事長(元横綱)は師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)を注意する意向を示した。

 予定の時刻を1時間10分ほど過ぎて、ようやく白鵬が姿を見せた。朝方まで美酒を楽しんだらしく、顔はほんのり赤い。「疲れましたね」。史上最多V回数の更新がかかるプレッシャーから解放されたせいか、最初に本音をこぼした。

 だが、始まって5分もたたないころ、歴史的偉業を達成しためでたい雰囲気が吹っ飛んだ。「疑惑の一番があった」。いきなり自分から切り出した。

 白鵬が問題視したのは優勝を決めた稀勢の里戦。両者がもつれる形で土俵下に落ちた。軍配は白鵬だったが、物言いがついて取り直し。次の一番で白鵬は完勝したが、取り直しに納得できなかったようで、ビデオ判定を行った審判部に矛先を向けた。

 「勝ってる相撲。帰ってビデオを見たけど、子どもが見ても分かるような相撲だもんね。なぜ取り直しにしたか。本当に悲しい思いでした。もう少し緊張感を持ってやってもらいたいね」

 さらに人種差別ともとられかねない発言も飛び出した。

 「ビデオ判定は元お相撲さんでしょ。取り直しの重みが一番分かっているはずなのに。こんなの二度とないようにやってもらいたい。本当、肌の色は関係ない」

 前人未到の領域に足を踏み入れた横綱は次の目標を聞かれると「考えてませんね」とポツリ。「数字的なもの(優勝回数)で超えたかもしれないが、大鵬さんの気持ちはまだ分からない。もう少し頑張れば分かるのかな」。春場所では土俵外での横綱の品格、言動も一層注目を集めそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス