文字サイズ

元朝青龍ツイート「キムチやろう!!」

 アジア大会の結果に関して、過激なツイートを繰り返した元朝青龍
1枚拡大

 元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏が30日、仁川アジア大会で行われたボクシング男子・バンタム級準々決勝のモンゴル選手VS韓国選手の試合の判定に対し、自身のツイッターで不満をぶちまけ、「キムチやろう!!」となどと過激な発言を繰り返した。

 試合は韓国選手が3‐0で判定勝ちした。

 元朝青龍は30日、「アジアゲーム仁川!ボクシング3ラウンド モンゴル勝っているのに韓国選手に手上がり!!キムチやろう!!」と過激な日本語でツイッターを投稿。

 その後、ツイッターには、判定直前と思われる顔面血だらけの韓国選手と右手を挙げるモンゴル選手の写真をアップし、「こんな感じですが、モンゴル選手負けた!!血だらけの韓国選手」とツイートした。

 元朝青龍はその後も怒りが収まらない様子で、過激なツイートを次々と書き込んでいる。

 フォロワーからは同調する嫌韓コメントなども寄せられたが、「横綱、落ち着いてください」などと自制を促す発言も。「品って重要だよなぁ」というつぶやきもあった。

 最初の判定不満ツイートから約7時間、ツイッターを更新し続けたが、午後11時ごろには「もうつぶやきやめるかな~~何か元気にならない。暗いつぶやきばっかり(涙)」と日本語でツイートしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス