文字サイズ

旬到来!カマスのウキ釣り

 時合いは朝夕マヅメだが、日中でも深場を攻めると食ってくる
1枚拡大

 【Myリポート・時田眞吉】旬到来!カマスのウキ釣りで楽しむ 静岡県・東伊豆 伊東港「白灯堤防」

 東伊豆最大級の港

 カマスのシーズンは夏の終わりから秋にかけて。エサとなる小魚の回遊が見られる沿岸部へ一気に接岸してくる。まさにいまが旬のターゲット。

 そんなカマスの釣果に沸いているのが、東伊豆の中では1、2を争う広大さを誇る伊東港。年間を通して多彩な魚種が狙える。そんな港の中でも、カマスの新しい群れが接岸すると真っ先に釣れだすバロメーター的ポイントが白灯堤防。狙い目となるのは潮通しのよい先端周辺で、ブロックもなく足場もよいため人気が高い。

 特に新井堤防との間は外洋から入ったカマスがしばらく居着くことがあるので、群れが港内に入ってくればしめたもので、数釣りが期待できる。現在釣れているのはヤマトカマス(ミズカマス)が主体。寒くなるにつれてアカカマス(アブラカマス)の釣果が目立ってくる。その見分け方は意外に簡単。アカカマスはウロコが大きく、触ると手にくっ付いてくるが、ヤマトカマスのウロコは細かく、手で触ってもあまり付かないのだ。

 釣り方はフラッシャーサビキやルアーで手軽に釣ることが可能なのだが、手堅く狙うならエサ釣りがおすすめ。エサは釣具店などで市販されている冷凍キビナゴの身エサを使用するが、付近のスーパーで売っているキビナゴの生干し(半生状態でパック詰めされている)を利用するのも手だ。

 仕掛けは簡単。棒ウキの1本バリ仕掛けでオッケーだ。チヌバリの3号前後にハリスは鋭い歯に傷つけられやすいのでフロロカーボン2・5号を使用する。それでもハリのチモトから切られることが多いので、活性が高い時などはワイヤーが使用されたハリス付きハリを装着するといい。

 これにキビナゴを縫い刺しにしてハリ付けし、1・5~2メートルのウキ下で流せば釣れるのだ。ただし、エサが大きいので十分食い込ませてから合わせるのがコツ。ウキがスーッと持っていかれても合わせず、竿先にクックッと来たら竿を立てるぐらいがいい。

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス