文字サイズ

巨人、先発陣の厚みは去年以上

ブルペンでの投球を終え、引き揚げる巨人・菅野智之=KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園(撮影・西岡正)
1枚拡大

 巨人キャンプの第1クールを視察した。ブルペンを中心に見たが、目を引いたのは山口俊だな。

 この時期だし、まだ7、8割の状態とは思うけど、ストレートが本当にいい。あの腕の振りであの球の切れ。フォームのバランス、体重移動がしっかりしていないと出せないだろう。

 菅野は別格。田口も真っすぐ、スライダーを内外角のコースいっぱいにピタリ、ピタリと投げ分けられる。3年連続の2桁勝利は見えているよ。2人に怖いのはケガだけだな。

 新外国人のヤングマンもいい。投球フォームは日本人にはまねできないインステップから、スリークオーター気味に出て来る腕が遅れ気味と思いきやピュッと出てくる。タイミングが取りづらいと思うよ。

 全体的なコントロールも悪くないしな。球種でいいのはパワーカーブ。腕が緩まないし、落差も素晴らしいよ。今のところマイコラスほどの球威は感じないけど、ここから真っすぐのスピードがどこまで出てくるか。それが課題かな。

 ヤングマンは外国人枠の問題もあって、1軍で投げられるかは分からない。ただこのまま外国人がそろって故障もなければ、首脳陣からはうれしい悲鳴が上がるんじゃないか。

 先発陣は昨年の開幕時と比べると、“ゼロ”の状態だった山口俊、ヤングマン、野上が加わった。2年目の畠もいる。マイコラスが抜けた穴は大きいけど、厚みに関しては去年よりはある印象だな。

 個人的に心配なのはファームにいる内海。2軍で2、3試合いい結果を出さなければ、先発の層が増しただけにそうチャンスはないよ。ここから状態を上げて、少ないチャンスをものにしてほしい。

 もう一人、ファームでは(高木)京介の球質がやはりいい。賭博問題の影響で、現在は育成選手という立場。だが、もともとは実績があるし、左の中継ぎは絶対的な存在もいない。開幕前に2桁の背番号がもらえるんじゃないか。(デイリースポーツ評論家)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    関本四十四最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス